従業員から残業代請求をされないためにはどのような工夫が必要か。

残業代は、就業規則や労基法に定める所定労働時間を超えて、使用者の指揮監督の下に労働者を労働させた場合に生じます。そのため、日ごろから従業員の労働時間を適切に管理すること、退勤時間になったらきちんと退勤させること、暗黙のうちに退勤時間後に業務を依頼したり、指示したりしないことが重要です。

また、業務準備に必要な制服への着替えや、始業前の朝礼、業務後の片付けなどの時間も労働時間として扱われるので、後日の残業代請求の根拠とされがちです。当然、休憩時間中に架かってきた電話に対する対応も労働時間に含まれます。

これらの点に注意が必要です。

お問い合わせ・ご依頼はこちら086-441-9937